スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜消防出初式」見学

 本日は、厳冬の岩手「遠野まごころネット」を拠点とした奉仕活動から体調も戻りつつあり、運動も兼ねて「横浜赤レンガ倉庫広場」で行われた横浜消防の「出初式」に行って来ました。「神奈川災害ボランティアネットワーク」が出店しているという情報を「メール」を通じて直前に知ったこともことも動機のひとつです。

 会場近くのJR根岸線桜木町駅で降り、駅前広場に出ると「海抜」を示す表示があり、確認すると僅か2メートルでした。「東日本大震災」の悲惨な被災地を幾度も見てきましたが、ここから10メートルを超える津波に襲われれば、あの光景と同じになると考えると、被災地の様子を知るものとしての責任を感じました。

 会場では、若い消防職員らが最新の資機材を活用して、てきぱきと活躍する姿は頼もしいものでした。しかし、首都圏を襲うであろう大災害の規模は底知れぬものと予想されます。

 会場では「火災共済」の理事長を紹介して頂き、「報告書」の進呈をお約束しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。