スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、スカウト指導者から嬉しいメールを頂きました。

 朝、メールをチェックすると、ひとつは横浜市内のボーイスカウト団に主属する指導者から、今年の夏に朝霧高原で開催される「第15回ボーイスカウト日本ジャンボリー」に参加するスカウトの野外炊事用として「非常用炊出袋」を譲ってほしいという内容でした。

 早速返信しました。

「ボーイスカウト横浜第○○団 ○○ ○○子様

ご苦労様です。

鈴木幸一です。

 ご要望により、備蓄中の「非常用炊出袋」を差し上げます。

 余れば自治会等の防災訓練等で「スカウト」に行わせれば、善いかと思います。

 ご住所をお知らせ下さい。

 恐れ入りますが、輪ゴム(16番か18番)をホームセンター等でお買い求め下さい。

 説明書は、増し刷りして下さい。

 到着後ご覧になった感想と、活用後のご感想をスカウティング研究センター 事務局の日記
http://riics.seesaa.net/article/149012673.html#commentに投稿して頂くと幸いです。

 また、添付のような「スカウト支援プログラム」を行っています。

 例えば、「富士章挑戦プログラム」のひとつとして、スカウトと同年代で、ケガや病気で車椅子の生活を強いられているお子さんをご家族と共にディズニーランドにご招待いるという「アイデア」を提供します。

 車両等は提供します。

 問題は「資金」ですが、プログラム推進のため、県下のスカウト関係者に「書き損じはがき」の提供を求めれば、我が家には10枚以上ありますので私は直ぐに提供します。

 県下で五千人ほどの保護者が平均一枚の書き損じはがきを提供して頂ければ、20万円ほどになります。

 これで、5人以上のお子さんを招待できます。

 毎年、継承すれば、全てのスカウトにとって善い試みとなります。

 お役に立てれば幸いです。」

 と言う内容ですが、昨日の午後、「赤十字救急法指導」で伺った藤沢市内の小学校の校長先生は、偶然にも「赤十字指導員仲間」でした。乗り付けた「災害ボランティア活動支援車両」にも興味を頂き、講習の後、担当の先生と共に「車両」をご覧頂き、お褒めの言葉を頂ました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。