スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の後半を意義あるものとして生きる

 先週末は、「赤十字防災ボランティア」として赤十字神奈川県支部の主催する「緊急医療施設展開ユニット」の第一回訓練会に参加しました。ユニットは、3トンほどのトラックに搭載したコンテナに諸機材を収容したもので、訓練は油圧ジャッキでコンテナを下ろし、9メートル四方のエアーテントを立ち上げ、医薬品箱やベッドなど備品を配置し、再撤収するものでした。

 コンテナに収容された機材は、活動に必要最小限のもので、大変良く考えられたものでしたが、我が家の「災害ボランティア活動支援車両」が加われば「鬼に金棒」と密かに思いました。

 派遣された被災地では、設置・運営・撤収・整備と続きますが、全ての面で、「良く訓練されたボーイスカウト」ので出番かと思います。雑談で、職員に提案したところ「それは頼もしい。」とのお言葉を頂きした。

 昨日は、午前中、近隣団の管理するボーイスカウト野営場で今年四回目の草刈を行いました。広さは千坪ほどありますが、メイドインフランスの芝刈り機でチャレンジすれば三時間ほどの奉仕でした。途中、地主さんから差し入れを頂いたり、夏祭りでタイヤキを売らないかなどのお話も頂きました。

 本日は、午前中、我が家の庭の手入れの予定、午後は藤沢の小学校で「日赤救急法指導」があり、「湘南オープンウォータ」の打合せや、週末は「防災講習」と続きます。空いた時間は資料作り(最近はもっぱら「災害ボランティア活動支援車両」と「パートナーシステム」の構築です。)

 その「災害ボランティア活動支援車両」の存在が、私の社会性を大きく広げてくれました。

 昨今の活動が特別では無く、一年を通じて赤い手帳のスケジュール欄は一杯になっています。

 コメディアンの所ジョージさんは、自宅のある世田谷に加え八王子や北海道に「ベース(基地)」を所有し、十数台の自動車(高級乗用車の数々)に加え沢山の備品(遊び道具)を保管しています。

 反面、私は自宅に一台の自動車(災害ボランティア活動支援車両)と備品(災害医療支援ユニット)を保管しており、災害発生時は被災し苛む人々のお役に立とうと備えています。

 私は、貧しくとも自分の生き方に満足しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。