スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイスカウト「地区野営行事委員会」と「災害支援チーム」

 私が所属するボーイスカウトの団は「横浜第96団」であり、地区は「横浜南央地区」、連盟は「神奈川連盟」となります。以前は、隊長という時もありましたが、今は団委員として豊かな経験と自由な時間を活かしバックアップに回っています。

 ボーイスカウト指導者として、地区では「野営行事委員長」と「災害支援チーム・リーダー」を拝命頂き、楽しみながら奉仕しています。

 平成22年度の地区総会を控え、21年度の両報告書を地区事務局にメールで提出しました。思えば昨年夏の「第12回神奈川キャンポリー」に加え、多くの地区行事がありましたが、無事成し遂げたことに今は感無量です。

 本年8月には、全国から二万人のスカウトが富士山麓の朝霧高原に集まり「第15回日本ジャンボリー」がで開催されます。今から楽しみの一つです。

 皆様の力になりたく、近日中に「災害救援車」の導入を決意しました。車両の購入に際して、ありがたい支援を申し出てくれる方も居られますが、自助努力の必要性も痛感しています。

 民間では、全国初の「災害救援車」として導入できれば、我が家に整備された「災害医療支援ユニット」が活かされ、スカウト運動を視野に入れた「青少年健全育成」や「市民防災思想の普及」に拍車を掛けることになります。

 「そなえよ、つねに。」ボーイスカウトの一員として、「第15回日本ジャンボリー」までには、どうしても叶えたい夢の一つですね。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。