スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の月曜日の過ごし方。

 先週の週末は雨が続きましたが、今週は春の訪れを感ずる穏やかな日々となりました。同じ「春」でも「春の長雨」から「小春日和」という季節の移り変わりを感じます。家々のお庭の梅も白やピンクに咲き始め、自宅から駅へと続く道の土手からはウグイスの声も聞かれるようになりました。

 今週末となる、金、土、日の三日間は、JR東神奈川駅西口近くの専門学校で開催された「赤十字救急法基礎・養成講習会」の主任指導員として参加しました。三日間とも講習会終了後に会議が入っていたため、日曜日の夜は自宅に着いたと同時に疲れはピークに達し、そのまま寝付いてしまいました。

 「講習会」に参加された29名の「専門学校生」は、19才前後の男女であり「人生で最もはつらつとした青春年代」であることを時々に感じました。短い時間ではありましたが、彼らと同じく空間にいるとそのエネルギーを吸収できるような錯覚にも陥ります。ある意味社会から撤退する年代にも関わらず、こうした機会に恵まれている「環境」を感謝する次第です。閉講式では、互いの健闘を称えあいましたが、彼らの人生に幸多かれと祈らずにはいられません。

 本日は、のんびりと朝からパソコンに向かい、午後は試験の採点と赤十字への報告書作り、その後はボーイスカウト神奈川連盟理事会に提出する「災害支援ガイドブック」の印刷と製本位で一日が終わりそうです。

 週末に、キャンプやバザー、防災訓練などがあると、月曜日は片づけで一日が終わりますが、今週は少し楽です。

 明後日は、近くの「学童保育所」で子供達と一緒におやつの「たい焼き」を焼く予定です。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。