スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の「レインボーまつり」でたい焼きを販売、利益は芝刈機購入に

 昨日は、自宅の近くにある障害者の施設が主催する「レインボーまつり」の会場で「たい焼き」を販売しました。こちらの施設には、前回も出店させていただきましたが、そのときは「たい焼き器」を購入した直後であり、試行錯誤のなか、ボーイスカウトも興味津々で加わったものですから、一部の商品は「黒たい焼き」になってしまいましたが施設の先生方は笑顔で購入してくれました。

 このときの利益は、中越沖地震で大きな被害を受け、当時、柏崎市内の仮設住宅で生活されていた被災ご家族慰問(二回)のために使わせていただきました。ボーイスカウトならではの真摯な活躍ぶりに、仮設住宅の人々や関係する柏崎市社会福祉協議会の皆様に感謝された日々は良い思い出となりました。

 まっり開催中は、あいにくの雨天でしたが、さすがは「たい焼き」人出の割にはよく売れました。「雨」は、「レインボーまつり」の「レイン」の文言が影響しているのではないかというのは「スタッフ」の言でした。

 会場には、我が「神奈川災害ボランティアステーション」のテント二張りが活躍しました。阪神淡路大震災を教訓に装備したものですが、多くは、こうした市民レベルのイベント支援に使われています。「認定NPO法人災害ボランティアステーション日本」からも販売スタッフとしてお手伝いを頂きました。

 昨日の午後に開催されたボーイスカウト地区委員会には少し遅れてしまいましたが、今後は「ボーイスカウト」の制度が変更され、社会貢献のウエイトが高まるということで、ボーイスカウト以外の青少年を対象としたキャンプ教室の開催などが提案されていました。

 こうした「バザー」や「各種レク活動」に限らず「防災」などでも、多くの自治会やボランティア団体から支援要請を頂いています。「ボーイスカウト神奈川連盟事務局」に「ボーイスカウト支援要請書」を備えていただければ、随所に「後援・ボーイスカウト神奈川連盟」の文字が躍ることになりますが如何でしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。