スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師の卵へ「日赤救急法」を指導しました。

 日本赤十字社の救急法指導員として奉仕を重ね40年近くなります。最初は指導員仲間のなかで、一番若かったのですが今は逆転状態です。救急法も日進月歩の世界であり、正直な話、熱心な若い指導員と比べると技術的に劣るところは否なめません。まあその分は豊富な体験でお茶を濁す日々です。

 今回の受講者は、横浜市内の看護学校の学生約40名でした。通常では体の仕組みや名称、脈の正しい見方などに、それなりの時間を費やすことになりますが、こちらではかなり省略できます。

 ボーイスカウトや高校生を対象とした講習会では、「心肺蘇生法、上手ですね。これなら看護師になれますよ。」なんて誉めますが、以外や今日も使って受けを狙い成功しました。

 3時間の短期講習でしたが、楽しい一日でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。