スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜栄防災ボランティアネットワーク」ボランティアセンター開設訓練実施

 本日は、午前9時から横浜栄区役所を中心に「横浜栄防災ボランティアネットワーク」による第5回目のボランティアセンター開設訓練が実施されました。ネットの会員に加え、区役所職員や社会福祉協議会、他地区のネット会員、障害を持つ人々やご家族など77名が参加されました。

 朝からの雨模様でしたが、何とか予定のプログラムを終了することができました。

 私は、志願して「炊飯活動」を行いました。作業は区役所から500メートルほど離れた障害者地域作業所の下屋をお借りして行いましたが、時折吹く強風に悩まされました。メニューは「非常用炊出袋」を用いた「炊飯」と「持ち寄り防災鍋」でしたが、派遣されたボランティアさんらのお陰で予定の12時に参加者の待つ会場へ運びこむことが出来ました。

 非常炊飯のコツは、お米に十分水を吸わせること、炊飯は少し水分が残っている状態で取り出すこと、十分蒸らすこと、食する際はよくほぐしふりかけなどで味付けするなど行えば、多くの人々から「美味しい」と喜ばれます。

 「持ち寄り防災鍋」は、思いのほか上手にできました。

 終了後の反省会で、会場のボランティアさんから「障害者」や「当事者」という言葉を控えお名前で呼びましょう。そのためには要援護者も「名前」を表示しようというご意見がありましたが、正に「目からウロコ」と関心しました。

 私もコメントを求められ「我が家の倉庫には4万食分の非常用炊出袋が保管され、災害時には皆さんに提供します。」と申し上げた後「小菅ヶ谷第一町内会に限られますが。」と続けました。「エー。」という声が上がりましたが、災害時は行政や自治会が何でも支援してくれるという甘い考えは早く捨てないと、災害時大変悲惨なことになるのは明らかです。

 明日は、横浜戸塚区内の「汲沢小学校」で開催される「地域防災拠点防災訓練」で、近隣自治会など約200名の参加が予定され、午前中を3班に分かれて①起震車による地震体験、②防災拠点配備の備蓄倉庫見学、③非常用炊出袋による炊飯訓練、④備蓄仮設トイレの組み立て訓練見学及び仮設トイレ展示を予定しています。

 打合せで、担当する「炊飯訓練」については一人でも多くの参加者が体験できるようにプログラムしました。

 担当者は、当会の「非常用トイレユニット」を知っており、展示して頂ければありがたいというお話を伺っています。本トイレは、コメディアンの所ジージさんも、自家用キャンピングカーで使用しているものと同じと認識しています。資料と共にお持ちしようと考えています。

 「阪神淡路大震災」での貴重なボランティア体験から、「首都圏直下型地震」のような災害であっも「非常用炊出袋」と「トイレユニット」の整備が地区内の全世帯で実施されれば、災害直後、予想される行政の負担が著しく減少することは明らかですが、まだまだ地道な努力は続きますね。

 本日、別のイベントでボーイスカウト地区協議会長とお話をしましたが、実は私、年間相当数の防災講習や講演会に招聘されていることから、依頼される各団体にボーイスカウト県連盟や地区宛てに「講師等派遣申請書」を書いてもらうことで、主催者にとっては、後援ボーイスカウトというお墨付きが付くという利点があります。

 また、高校生年代のスカウトらにとっても、参加のチャンスにつながり社会との良い接点になります。そこでボーイスカウトの有用性を社会が理解されれば、彼らにとって新たな人生の活路にも繋がるのではないかと思いますが如何でしょうか。
スポンサーサイト

「救急法」講習会は無事終了しました。想うは「地域即応ボランティア」

 横浜市青少年育成協会で学童保育指導員を対象として開催された「救急法の基礎知識」講習第二日目は無事に終わりました。昨日よりも30人ほどと人数も多くなりましたが、受け持ちの二時間はあっという間に過ぎてしまいました。受講生のフィールドが「学校現場」であり、自分流に過去の「災害ボランティア(特に学校避難所運営)」での体験談も加味したことから、講習の範囲も「心のケア」を含めた内容になったため少し複雑になり、戸惑った受講者が居られなかったかと反省しています。

 受け持ち時間は受講者にとっては昼食直後の「魔の二時間」でしたが、最後まで全員の注目を浴び続けられたことは、我ながら見事だったと自負しています。

 後日、主催者から受講者の明細な感想記録が届くので楽しみです。

 さて、本日の土曜日は、地元「横浜栄防災ボランティアネットワーク」のボランティアセンター開設訓練が栄区役所を会場に開催されます。

 災害時における「地域ネットワーク」活動の多くはボランティアセンター開設運営がメインですが、これは「阪神淡路大震災」の際に駆け付けたボランティアのコーディネートを担当する部門が無く、効率的ではなかったことに由来するものです。従って発災後3日以降の活動となり、災害直後、倒壊した家屋からの救出の多くは住民の手で行われたという肝心な教訓が活かされていないのが残念です。

 「防災士」や「災害救援ボランティア」の資格を得て、どれも素晴らしいものではありましたが、座学中心であり、さらに「被災現場」の実態に近づけ実効性のある「地域即応災害ボランティア」のような組織の創設が不可欠ではないかと日ごろより考えていました。

 ここで提案する「かながわ・地域即応災害ボランティア」は従来の組織ではなく、個人やグループの自主的な判断で参加していただきます。従って「会費」などという野暮なものは頂きません。とは言え情報や決め事を束ねる「事務局」は必要ですが、それも趣味の一つと考えれば、手を挙げ当面は自腹で済ませる覚悟です。

◎活動参加希望者は、いわゆる「個人装備」を自分で自由に用意します。
 
○ヘルメットは白、正面に緑十字のマークを入れ、蛍光テープを周囲に張ります。

○活動服はシャツから防寒衣までホームセンターやユニクロなど予算に合わせたものを購入します。既存のものでもかまいません。但し、色は「カーキー」とし、背中と胸に「かながわ・地域即応災害ボランティア」のロゴを入れ、さらに胸には氏名と血液型を記します。
 ボーイスカウトの加盟員や「防災士」、「災害救援ボランティア」は指定のユニフォームを着用します。

○靴は安全靴が理想的ですが自由です。

○装備品等を格納するリュックは「オレンジ色」がメインのものとします。

○個人装備も自由に設計していただきますが、下記のものは必需です。
・警笛 ・懐中電灯と予備電池 ・角スコップ(自宅に保管) ・折畳式のこぎり ・点灯式誘導棒 ・食器セット ・マスク ・救急セット ・筆記用具 ・寝袋等

○余裕のある方。
・簡易型形態無線機 ・キャンプ用ベッド ・フライシート ・テント ・灯具 ・炊具等

◎ボランティア活動保険(天災担保付)には必ずご加入いただきます。

◎自己研鑽

・赤十字救急法等 ・消防署救急救命法 ・防災士 ・災害救援ボランティア ・アマチュア無線 ・その他
・ボーイスカウト等に加盟し研鑽することは、災害発生時に大きな力になることは過去の事例が示しています。

◎平時活動

○会 員
 災害発生時にご家族やご自分の身を守るため、日ごろより家屋の耐震化、家具の固定、安全な家具の配置、防災備蓄、基礎体力の維持、ご家族円満等に努めます。

○事務局
 スポンサー制度の確立をめざしますかが、事務局であっても当面は自己負担が原則となります。

 活動状況はインターネットで「訓練」、「地区会合」、「啓蒙活動」、「防災訓練参加・支援」、その他の情報として流しますので、その都度応募していただき調整します。
 
 地域の病院などに「災害時支援希望施設」を募集し、会員に報告します。(「地区会合」の場提供やスポンサーをお願いしますが、必須条件ではありません。)

○訓 練
 事務局主導の開催として「茅ヶ崎・柳島キャンプ場」等をお借りし、宿泊訓練を実施します。
 各地区で合同し、自由に訓練を実施していただきますが報告は下さい。

○地域会合
 地域の会員同士、お茶でも飲みながら「顔の見える関係作り」をしましょう。

○啓蒙活動
 防災ギャザリングや内閣府の行事等への参加

○防災訓練参加・支援
 神奈川県総合防災訓練や各市区町村で開催される訓練への参加
 自治会等が行う訓練への参加・支援
 医療機関等が行う訓練への参加・支援

◎災害発生時の具体的活動は
フェーズ1
 万一の災害発生時、各会員はご自分とご家族の安全を最優先とします。
 
フェーズ2
 ご家族の無事など活動可能な条件が揃ったところで、ヘルメットやフォームを着用して外に出ます。災害直後は人心が不安定ですから、警笛の発報やスコップを断続的に叩くなどの行為が周囲の注目を集め地域の安心に繋がります。

フェーズ3
 地域住民のうち無事だった人々を集め、協力して火災の発生があれば鎮圧に努めます。

フェーズ4
 協力して住民の安否確認を実施します。

フェーズ5
 家屋の倒壊や家具に挟まれている人を確認し、協力して救出救護活動を行います。

フェーズ6 
 自治会会員等と協力して公園等にテントを張り「自治会災害対策本部」を設置します。

フェーズ7
 家屋に倒壊の危険や家財の散乱で居住困難な場合はテント内に一時収容します。
 救出した負傷者をトリアージし、重傷者を病院に移送します。軽症者はテント内で応急手当を施します。
 自動車を借り上げ、ラジオ放送の受信や照明の確保に用います。
 帰宅困難者を可能な限り支援します。
 不審者の侵入にも備えます。災害直下であればヘルメットとユニフォームが威力を発揮します。

フェーズ8
 各家庭から飲料水や食料を集め、協力して「防災鍋」を炊きます。
 保護者が未帰宅の家庭などでは、残された子供を安全が確認された家庭で保護します。
 再度、住民の安否状況を確認し、必要であれば救出救護活動を実施します。

フェーズ9
 余力を持って、拠点病院の支援に入ります。
 区役所、病院、スーパーマーケット等にスタッフを派遣して状況を偵察します。
 設置した「自治会災害対策本部」の人数を確定し、区役所に「避難所」として登録し、飲料水、食料、その他救援物資、役所職員の派遣等を依頼します。
 
フェーズ10
 「非常用炊出袋」等を用い、協力して炊飯活動を続行します。

※「首都圏直下型地震」を考えると「阪神淡路大震災」の十倍を超える被災となり、発災後一週間を経過しても公的な救助活動として「飲料水」や「食料」に加えて「トイレ等」の支援についても期待できないことを肝に命ずる必要があると思います。
 
 従来のような「小学校体育館」等に避難するというのは、地域のインフラの復旧や仮設住宅の建設など見通しがある場合で、首都圏での巨大被害では復旧に絶望的なことから、早期から生活基盤の整った地域に移転することが望まれます。

フェーズ11
 乳幼児、子供、障害者、高齢者、女性などの順で、生活基盤の整った地域へ完全移住する手法を考え実践する。

つづく
  

「二枚のハンカチ」が子供達の生きる力を育(はぐく)む

 昨日からスタートした「横浜市学童保育指導員」対象の「救急法の基礎講習」第一日目は18名の皆さんが受講されました。いつものように、みなさん熱心に受講して頂き思わず熱がこもりました。

 講義内容は「指導員」という特殊性から、単なる救急法のスキルだけでなく「子供達」への対応、すなわち「学童保育」の場が子供達にとって「癒し」や「生きる力」を育む場であって欲しいことや、万一の場合は学校が避難所となり校長を中心に教員や指導員が一体となって対応しなければならないことなどを今日までの「災害ボランティア体験」を交えて伝えました。

 「救急法」のスキルを短時間でマスターすることは極めて困難ですが、受講される人々の心のなかに一葉でも芽生えることができれば「事故防止思想の普及」につながります。また、今回学んだスキルを学童保育の場で楽しく子供達に伝えていただければ、子供達は未来を開き、医師や看護師への道を選択することも実証されています。

 学校現場における子供達とのふれあいのなかでゲーム感覚でできる「スキル」として、洗濯済みのシーツで作る「簡易包帯」やペットボトルを使った「簡易傷洗浄器」の話題は興味を示して頂きました。

 また、「二枚のハンカチ」は、子供さんがご自宅を出るときに左右のポケットに一枚ずつの「ハンカチ」を入れます。右利きであれば右ポケットのハンカチは、汗や手を拭くというような日常に使います。

 左のポケットの「ハンカチ」は、ご家族やお友達がケガをしたときの応急手当として「傷口」に当てて止血に用います。大人など知らない人がケガをしたときは近くの大人に渡せばよいでしょう。

 前回の講習でもお話しましたが、大変好評だったことからこれからも続けたい内容です。横浜市内の学童保育指導員から伝えるスキルを、真摯に考え実行する子供にとって「困っている人がいたら手を差し伸べられる」という慈しみの心と用具(左ポケットのハンカチ)を備えることで、多感期な子供たちの「生きる力」を育てることになると思います。

 「小さな青少年の健全育成」ではありますが、こうした運動が日本中に広がれば、ずいぶん住みやすい社会になるのではと思います。

 そこで私たちお得意の「経済効果」を考えたとき、こうした「住みやすい社会の実現」は、警察や裁判所、刑務所などの縮小に繋がり「小さな政府」の構築に貢献します。公務員千人分の縮小が実現すれば年間100億円の経済効果が生まれます。注目すべきは犯罪やいじめに苦しむ人々を救えるということにあります。

 右ポケットのハンカチを洗濯かごに入れ、左ポケットのハンカチを右に移し、左ポケットには新しいハンカチを忍ばせて「日赤救急指導員パパ」は今日もJR根岸線で「青少年育成協会」に近いJR関内駅に向います。

 明日の土曜日は、地元「横浜栄防災ボランティアネットワーク」の訓練で50人分ほどの野外炊飯を行い、明後日の日曜日は横浜市戸塚区内の汲沢小学校で自治会主催の防災訓練に協力し「非常用炊出袋」による炊飯活動の指導を予定しています。

横浜市学童保育指導員に「救急法の基礎知識」を

 本日と明日の二日間、両日とも午後より横浜市内の学童保育指導員を対象に「救急法の基礎知識」講習の講師として教壇に立ちます。会場の青少年育成協会とは若い頃からの長い付き合いで、私にとっては「心の癒される場」の一つでもあります。

 二時間ほどの講習ですから内容を吟味しなければなりませんが、先ずは大切なこととして「事故防止」と「ご利用者の期待に応える日々の自己研鑽」等を交えながら項目を絞り深く訴えます。
 
 講習中は、任務の重さからくる自覚であろう、担当職員や受講生の熱心に取り組む姿は頼もしい限りです。

 最後に講習についてアンケート調査が実施され、「集計表」となって我が家に送られてきますが、誉められるととても嬉しいですね。

 本心としては、皆さんのような現場の「指導員」になりたいなということですが、私には「災害支援」という神様から与えられた大切な役割があります。

 今は一ヶ所ですが、我が家の近くにある学童保育施設で二ヶ月に一回「たい焼きボランティア」として訪問し、子供達と一緒に「たい焼き」を焼くなど遊んでもらっています。何ヶ所か増やしたいと今日も皆さんに声を掛けようかと思っています。

「送迎ボランティア」で、ご利用者様から誉められました。

 本日午後からは「送迎ボランティア」として鎌倉へ出動しました。こちらではご主人が足の骨折で入院中でしたが、先日病気治療のため車椅子で外出し鎌倉駅近くの診療所での受診した際のお手伝いをしました。足のご自由な奥様をご自宅に送る際「だんなが誉めていたよ」と言われました。いくつになっても誉められると嬉しいですね。

 ボーイスカウトの活動でも、スカウトらの善行を誉めることは、指導者にとっての嬉しい役割ですね。

みなさまのおかげです。

 平成3年長崎県雲仙普賢岳噴火災害の発生に際し、ボーイスカウトの精神とスキルを活かそうと、先陣としてスカウト指導者仲間と二人「愛車キャラバン」に横浜市民からお預かりした救援物資を満載し現地入りしました。その後、神奈川や東京のボーイスカウトも加わり4度の活動となりましたが、同行したスカウトらは被災地の疲弊した心情をよく理解し、その素晴らしい活躍ぶりは清々しい思い出となりました。

 以来、阪神淡路大震災、岩手沖地震、石川県重油災害、那須町水害、新潟豪雨、中越地震、中越沖地震、岩手宮城内陸地震などスカウトの責務として現地入りし「災害ボランティア」としての使命を果たしてきました。中越沖地震では日本のボーイスカウト史初の試みとして避難所となった「比角小学校」の運営を柏崎市に委託されたことから、私はボーイスカウト新潟連盟から「運営責任者」としての命を受けて現地入りし、市内外のボーイスカウトや他のボランティアと協力体制築いたうえで市から引き継ぎました。この貴重な体験から「首都圏直下型地震をどう迎えるか」という記録集を編纂しました。

 また、平時の活動として市民レベルの防災訓練や講習など積極的に関わり、災害時は子供達の力も必要なこを痛感していたことから、応募した「少年防災ボランティア養成プロジェクト」は内閣府のチャレンジプランに採用され、現在までに千人を超える指導者と子供達が育ちました。

 阪神淡路大震災を契機に各地で「災害ボランティアネットワーク」が設立され、地域防災向上に寄与しているのは心強く思います。こうした団体が実施する講習や訓練会へも、積極的な応援を惜しみませんでした。

 20年に及ぶ活動のなかから「災害ボランティア活動」といえども救援資機材の必要性を痛感し、資機材の増備に努めてきた結果、多くのお力添えを頂くなかで「災害医療支援隊(DMAT)」をサポートするする「野外医療活動支援ユニット」がほぼ完成しました。

 この度、ある篤志家より「災害救援車」ご提供のお話を頂きました。実現すれば日本の災害ボランティア運動にとって大きな一歩となります。また、青少年の健全育成をめざし「災害支援」も視野に入れたボーイスカウトや地域の子供達にも「共生」の大切さを見せるなど大きな影響を与えると思います。

 今日までの「初期・災害支援活動」は単独行動のようなものでしたが、「被災地における未知への危険性」を考えるとやもうえない判断と思います。今後もこうした体制が続くと思いますが、重ねてきた「活動実績」と「ノウハウ」は「記録」に残され、他団体の追従を許さないものと自負しています。活動は主点は「被災者」にありますから、全てを公開し「地域防災強化」に寄与することが願いです。

 シンクタンク的に考えれば、近い将来の社会的効果は、年間五千万~数億と勝手に推測しています。「災害救援車」の導入は運動を加速することになります。篤志家は目先の利益よりも「夢の実現」を重んじている姿には頭が下がります。 

 「いつも他の人々をたすけます」はボーイスカウトにとって大切なモットー。困っている人々の存在は被災地だけではありません。国内は高齢社会を向え高齢者世帯が増加しています。高齢により通院など公共輸送機関の利用が困難な方も増えています。

 本日午後は「送迎ボランティア」として、歩行困難な奥様をご主人が骨折で入院している病院への送迎のために出動します。



テスト、テスト、テスト、本日は晴天なり、あー、あー。

 本日から、晴れて憧れの「ブログ様」のお世話に成ることになりました。日ごろは回転すし屋や居酒屋でタッチパネルに触るのが恐ろしくて「いか」や「マグロ」の回転待ちや仲間の飲んだビールや酒をお相伴頂くと言うIT後進者でした。いつもはなんやかんやと「パソコンの師匠」にご伝授頂いていましたが、今回は「初めてのブログ入門」という本を買ってチャレンジしました。五時間でなんとかテスト通信ができるようになりましたがお嬉しいですね。

 そんな訳で、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。